女性に多い冷え性の対処はどうする?|体ポカポカ計画

考える女性

体の抵抗力を高める物質

サプリ

βグルカンは、パン酵母から発見された物質です。その他に含まれる食材には、きのこ類や大麦、オーツ麦などがあります。βグルカンを摂取した時の効果は、免疫力のアップや血液中のコレステロール値を下げたり、抗がん作用などです。

» もっと詳しく

栄養バランスへの補助

グリーンスムージー

グリーンスムージーは優秀ですが栄養補助的な側面があってそれだけに頼るのは間違いであり、その他の方法も取り入れる事で初めてその効果を発揮出来るのです。これらが人気なのは実質的な効果が報告されると共に利用のし易い商品も出ているからですが、選択肢が増えた事で更に使用者を増やす事にもなっているのです。

» もっと詳しく

冷えを防ぎ健康的に

免疫力が低下するなどのデメリットが有る冷え性を改善することで、健康を維持することができます。体温を上げる方法を紹介しているのがコチラ!

骨と骨の間にある軟骨に効果を与えられるグルコサミンのサプリを摂取することで、年配になっても膝を曲げられます。

一年を通して感じる冷え

思いを巡らせる

冷え性で悩んでいる女性の話しをよく耳にする事があります。その悩みは寒い冬の時期だけに関わらず、夏にもあります。自宅や会社や乗り物の中、どこへ行ってもエアコンがかかっている場所が多いかと思いますが、そこから冷え性が発生します。 自分一人の時は温度調節を適温に設定し冷え性になるのを防げますが、多くの人が集まる場所はそれがなかなか難しいものです。手足や指先から首元等、エアコンの冷たさは体の隅々まで冷やしていきます。そこから冷え性や体調不良といった体の変化が出てきてしまいます。 また、暑い外の気温と冷えた室内を行き来する事で、体の機能が低下していく恐れもありますので、普段から自分でよっぽど心がけていないといけません。

心がけ次第で変えられる

自分一人では温度を設定できない場合は、服装をまず気を付けます。暑いからと言って素足にサンダルですと、エアコンの寒さで足が冷たく冷え性になってしまいます。ストッキングや靴下を履く等で対処します。洋服も上に羽織れる物を着たり、タンクトップ等の下着を身に着けるようにすると、大分寒さを凌げます。 冬にも夏にも言えますが、体中が冷え切って辛い場合は足湯をすると全身が暖まります。また、生姜が含まれている食品を摂取する事で、体の内側から改善されます。自分の心がけ次第で冷え性を改善していく事は可能なのです。放っておくと胃腸の調子を崩したり風邪を引いたり体の他の部分にも支障が出てきてしまいますので、日頃から気を付けるようにしましょう。

迫りくるガタに打ち勝つ

握りこぶしをつくる女性

あちこちに痛い場所があると日常生活が本当に憂鬱になりますよね。痛みにいいと言われる健康食品を数種類飲んでみてもあまり効果が出なかった方、コンドロイチンやグルコサミン単品でも痛みが楽にならなかった方などは、豊潤プラスを試してみることで幸せな毎日が訪れるかもしれませんよ。

» もっと詳しく